メインイメージ画像

医療輸出という面での社会貢献もこれからの日本の課題です

目覚しい発展を果たしつつある医療の課題というのは、色々あるのではないかと考えます。確かに、最近まで決して治療できなかったような病気が、医学の進化によって出来るようになった事、それによって寿命が相当伸びた事は素晴らしい事であり、評価されるべきものですが、それでもまだまだ治せない病気も沢山ありますし、原因が特定できないような病もありますので、そうしたものにどのくらい取り組み解決に導けるのかという事は大きな課題になると思います。近い将来に、天敵でもある癌がいつでも根治できるようになる時世が来る事を望みます。



このような難病への対策の他に、密接なところでは地域医療の問題があります。都市部においてはある程度整っているように感じる医療ですが、地方では、病院がない、そして十分な医師がいない、それから高齢者が多いという特徴があり、そうした地方への医療をどのようにしていくのかは、とても重要な問題になっているのです。

また、救急車を呼んだもののその患者を受け入れてくれる病院が少ないという問題に直面することがあります。

そのような問題をどのよう乗り越えていく事ができるのか、また、深刻な看護師不足という事もあり、看護師が過酷な労働を強いられている事もいくつかの病院では起こっています。

日本は医療においても先進国であり沢山の分野で中心的な役割をしてきましたが、これからは医療輸出という面でも社会に貢献していく事が必要になってきますし、医療というのも1つのビジネスとして優れた商品や医療機器をどのように売っていくのかという事も課題になります。

医療がまだ十分ではない他の国は多数存在しますので、そのようなところにビジネスという側面を持ちながらも、普及するよう後押ししていく事ができるのです。日本は医療という面においても、世界をリードできるだけの能力と開発力、素晴らしい製品を作る事ができるのであり、その分野で積極的であるべきです。

更新情報